登場人物紹介はこちらから

というわけでお待たせしました、キラーハウスの70話の更新です。
前回、前々回の話の登場キャラの組み合わせを見ていただければなんとなくわかるかと思いますが、今回のお話は主人公組たる虹華と夕、そこにある種のトラブルメーカーである椎を混ぜたお話になっております。
ギリギリではありますが、六月中にやれてよかったと思うお話です。
……まぁ、ギリギリになったのも自分の不手際が招いたミスなんですが。

ちょっと〆切のある原稿と格闘しだすとこんなもんです。二作三作平行して進めている作家さんは、本当に天才かつ化け物だと思っています。

ところで原稿をやっているとソシャゲをやってる余裕がなくなりますね。まったくやっていないわけではないんですが(オートで回せるやつとかもありますし)、デイリーミッションをこなし損ねて石を見逃したみたいなことが最近ちょこちょこ増えてます。
時間が足りないので今の倍欲しい。そしたらゲームできる小説書ける、そのうえ睡眠時間も得られるといいことづくめですね。寝言言ってないで頑張ります。

ともあれ、以下Moreより本編開始。
お楽しみいただければ幸いです。

More
[PR]
by akr-hgrs | 2018-06-26 22:12 | Comments(0)

万策尽き(ry

……結局週に二度の更新すら怠ってしまった日暮晶です。
最近とある原稿と格闘していて、ブログ更新もすっかり忘れてしまいましてね……。

そして、火曜日なのにキラーハウスが更新されません。
……やってしまいました。一か月ぶり二度目です。だから書きためておけとあれほど……。終盤にきてもうあと二話ぐらいで終わりの予定だというのに……。

楽しみにしてくださっている方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。来週は絶対更新するので少々お待ちいただければと。

代わりにもなりませんが、最近怠っていた日常報告でも。
今朝がた、仕事へ向かう途中で通る交差点の一つで事故が発生していましてね。そばには救急車もあり、こりゃあ相当な事故だと思っていたんですが、あとからニュースでその事故について知りました。
「救急車が出てくるほどの事故」じゃあなくて、「救急車が事故った」ものだったらしいんです。ちょっと意外ではありましたが、納得しました。
まぁ救急車の運転手も練習しているとはいえ、人間ですからね。事故ることもあるとは思いますが、なんとなく、救急車やパトカーの類って事故ることはないと思っていたので軽く衝撃でした。
世の中絶対なんてことはないんだなあと思った次第です。

あとエロいイラスト目当てで買ったエロい小説が、思いのほかというと失礼ですが、ストーリーがしっかりしていて面白かったのにはちょっと衝撃受けました。やっぱ物語は設定がしっかりしてないとな、と確認した次第です。

本日はこのあたりで。覚えていれば今週もう一回ぐらい更新するはず……。
ではでは。
[PR]
by akr-hgrs | 2018-06-19 17:58 | Comments(0)

登場人物紹介はこちらから

というわけで、火曜日なのでキラーハウスの更新です。
今週の語り部は隼太郎です。まぁ先週が霧・ヘッド・輪堂の三人組だったので、今回がカップル回になるのは当然かと。
言っちゃなんですが、今回ちょっぴり微エロです。タイトル見ただけで大体の方は分かってるかもしれませんが。大丈夫です、事中の描写はさすがにしてないのでR18にはならないはず。

キラーハウスにおいて、カップルとして書いてて一番楽しいのは隼太郎とときわのコンビかもしれません。そのため今回少し長めですが、ご了承ください。
ラブコメを書くのはひじょ~に苦手な自分ですが、くっつきかけたりくっつかなかったりの微妙なラインを描くのが難しいのであって、一線越えちゃったらこんなに書きやすいんだと自分でも驚いております。思ってた以上に二人がいちゃついてるので甘いのが苦手な人は見ない方がいいかも……。

ではでは、以下Moreより本編開始。
お楽しみいただければ幸いです。

More
[PR]
by akr-hgrs | 2018-06-12 20:43 | Comments(0)

とらいあんぐる

おっはよーっ!! 日曜朝の更新だよーっ!!

……自分でやっといてなんですけどなんでしょうねこのテンション。まるでアホの幼馴染キャラ。これをまぁまぁいい歳の男がやってると思うと、二日酔いでもないのに少々吐き気が……。

というわけでおはようございます、日暮晶です。無事今週二回目の更新が出来ました。いぇい。
意外とまだ余裕があるようなないような。いやもう六月も三分の一消えてますから、色々怖いですが。
さして変わった報告が出来るわけでもないので最近読んだ「北陸とらいあんぐる」という漫画についてお話しましょうか。

タイトルからして北陸勢狙い撃ち感バリバリのタイトルの漫画です。世代ではなく地域の読者を狙っていくというのは、漫画のマーケティングとしては中々新しい切り口なのでは……と売る側の目線は置いておきまして。
ざっと説明しますと、東京を舞台に富山、石川、福井出身の三人の高校生の女の子を中心として描かれるほのぼの系のお話です。それぞれに県民性をバリバリに発揮して、時にバチバチ、時に意気投合となんだかんだ仲の良い様子が描かれていて、可愛いです。超可愛いです。ずっと読んでられるやりとりが心地いいので県民勢じゃなくてもおすすめです。
三人がそれぞれの地元の方言で喋る方言回もちょこちょこ入ってて可愛いのです。自分もデビュー作でネタにしましたが、富山の方言「だいてあげる」「だいてほしい」みたいなのは鉄板ネタですね。自分は確か使い方を若干間違えたような気がしますが遥か昔のことなのでなかったことにしたい。

一方で富山の情報でも意外と知らないことが多かったりして、色々と勉強になる一冊です。現在二巻まで発売中やちゃ。みんなもこうてみられ、となけなしの県民性を発揮しつつ、とりあえず本日はこのあたりで。

ではではー。
[PR]
by akr-hgrs | 2018-06-10 10:30 | Comments(0)

登場人物紹介はこちらから

というわけで、火曜日なのでキラーハウスの更新です。
今週の語り部は虹華の親友、霧。意を決して幼馴染を誘って初詣に行きますが……的なお話。

何気に、霧とヘッドの絡みは、自分的には書きにくいのかもしれません。この短い話を書き上げるのにもちょっと苦労しました。なんでかしら。自分がリア充じゃないからか……?

近況でいえば、ちょいと昨日から今日にかけて東京へ行ってまいりました。所用あって編集部へ呼ばれたのと、そのあと担当さんと一緒に焼肉をいただきに行きました。その時飲んだ酒が原因なのか、はたまた普段まず食べないいい肉を食ったからなのかは知りませんが、今朝まぁまぁ胃もたれした感じはします。でもおいしかったです。
しかし東京、やっぱ富山とは何もかも違いますね……! 人の密度高すぎませんか、いやいやマジで。ぶっちゃけ歩いてるだけで結構疲れました。ぐったりです。

さてなんというか、これからはちょいと忙しくなりそうな感じなので、ブログの更新が減るかもしれない……と予防線を張ってみる。キラハ含めて週二回を目指して頑張ろうと思います。

ではでは、以下Moreより本編開始。
お楽しみいただければ幸いです。

More
[PR]
by akr-hgrs | 2018-06-05 18:12 | Comments(0)

ホモではない

前回のブログ更新がキラハの更新、以降今週は全然やってませんでしたね。
まぁ話題もない……って、そういえば街コンに言ったときの話題について語ってませんでしたね。
こんばんは日暮晶です。

まぁ、自分のような人見知りの話下手が街コンに行ったところでロクなことにならないのは目に見えてますが、結婚願望はそれなりにあるくせに出会いもないですしこのままだと独身コース直行だと思ったので、物は試し的に行ってみたんですよ。
結論から言えば、連絡先を交換することには成功しました。しかも三人ですよ? やったね。
……まぁ。

その三人全員男ですけど

……いや待って、違うの。自分ホモとかゲイとかじゃないの。女の子とお話に行ったの、自分。
まぁ、このくだりはタイトルから想像できた方もいらっしゃるかもしれませんが、そうなるに至った経緯あたりをささっと。

受付を済ませて、これからどうなるやらとそれなりに緊張していた自分ですが、その時に声をかけてきた男が、なんとかつての同級生だったんですね。
仮に友人Aとしておきましょう。しかし、いやぁ……驚きました。下手すれば十何年あってない友人Aに、全く示し合わせも何もなかったのにあんな場所で再会するとは。まぁ自分たちの年を考えたらそういう場にいてもおかしくありません。
しかしなにやら彼はブルーな様子。昔から人気者でコミュニケーション能力も高い友人Aらしくもありません。会わない間に多少性格も変わったのかと思いきや、理由を聞いて驚愕です。

「俺、彼女と別れたばかりでさー」

お前よくここに来たなマジで。
で、なんやかんやあってスタート。どっちかっていうとこのイベント、飲み食いしながら話す類のものではなくて、男女が向かい合って数分話したあと男が席を一個ずれて、次の女性と話して、みたいな感じでした。友人Aは割と自分の近くに座っていたんですが、まーどの女性と話しても盛り上がるみたいで。やっぱこいつ話すのうまいなぁとぼんやり思ってました。自分? ノーコメント。初対面の人と何を話せと。いくつかの普通のやり取りで終わりですよ。盛り上がるも何もないっす。

一通り話し終えて、フリータイムのお時間に。自分から女性に話しかけに行く度胸もきっかけもなかった自分になんと話しかけてきた人が!

高校時代の先輩(♂)でした。

嘘でしょ……!? とマジで思いました。一人参加の自分と違って、先輩は会社の後輩と来ていたようですが。
そっからはフリータイムにも関わらず先輩と近況を話したりしてました。これは間違いなく断言できますが、あの会場で自分は女性よりも男と話してた時間のほうが長いです。何しに行ったの自分?

で、その街コンは終了。最後に「この人ともう少し話したいな」みたいなのを記入するマッチングカードを提出して、成立した人たちを発表、かつそのカップル成立してた人たちだけ会場から先に出てもらうという出るも地獄残るも地獄の公開処刑のようなエンディング。
ちなみに、その会場で一番美人さんだなーと思ってた人とカップル成立してたのは友人Aでした。
あいつすげぇな……と間抜け面で見送ってました。やっぱコミュ力のあるやつは違うわ……それでいて別段チャラいわけでもないので、まぁ、ありゃモテるタイプだなと感心してもいました。

その後、成果のなかった自分は、同じく成果のなかった先輩とその後輩、それから先輩方が会場で知り合ったもう一人の男性と飲みに行って帰りましたとさ。
その男性と先輩、あと友人Aと連絡先を交換したってことですね。うん。後輩さんとはよくよく思い返したら交換し忘れてる感じですねこれ。
まぁ結果だけ見るとボロボロですが、意外な人たちとの再会を果たしたって点では悪くなかったんじゃないですかね! 半分ぐらい強がりですけど!

今度行くときはもうちょっと酒とメシの出る街コンにしよう……とはマジで思いましたけどね。
さて、遊びに遊んだ報告をしたあたりで、今日はこのあたりで。
しかし本当に何しに行ったんだ自分……?
[PR]
by akr-hgrs | 2018-06-03 21:16 | Comments(0)

物書きの蝉、もとい物書きの日暮晶が綴る、雑な日記のようなもの(予定) ご連絡等ございましたら q65e3r@hotmail.co.jp までどうぞ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31