生き残れ

ぶっちゃけ、小説家という人間は増えすぎたのではないでしょうか。
……いや、だから数減らしを行うのだ的なあれではないですが。こんばんは日暮晶です。

このラノベ業界、書く側の人間がここ10年ほどで爆発的に増えたんじゃないですか?
ラノベを出版する会社自体も増えた気がしますし、そのすべてから月に大体5~10冊ぐらいの新刊が出るわけで。
まあ、そりゃ新作が生き残る可能性も低いよなと思わざるを得ないですね。
大体、続いてるシリーズを買ってたら、それだけで読者さんがたの財布を圧迫してるわけですからね。新しい物を買いにくくはなってると思います。
そうして続くものの陰で、ひっそりと息を引き取る作品も山のようにあるだけで。

作家と言っても様々ですからね。昔ながらに大賞に投稿して受賞してデビューするパターンであったり、今ではなろうから出てくる方も山のようにいらっしゃる。
多分、ハードル高いけど宣伝効果が高いのは、前者なんですよね。「〇〇大賞 金賞受賞!」みたいに売り出すこともできるので。
逆になろうなど、小説投稿サイトの上位につくなどしてからデビュー、みたいな形だと、上記ほどの宣伝効果はないにせよ、少なからぬ数の固定ファンを作ってからデビューするわけで、単行本の売れ行きもそれなりの数見込めるのが強いですよね。
なんなら、前者よりも後者のほうが、シリーズとして生き残る可能性は個人的に強いまであります。
でも近年は意外と違うのかな? 青田刈りが進んだみたいな話もどっかで聞いたことはあるような。

何がいいたいかというと、ぶっちゃけ小説家になるのはそんなにハードル高くないと思うんですよ。大賞に投稿するなりなろうに投稿するなり、とにかく行動力さえあれば。
ただ、小説家として食っていくのは今の時代は死ぬほど難しいってことです……。
特にデビュー作であまり爪痕を残せなかった場合は特に。
まず自分の思った通りの話が作れなくなりますからね。「売るための工夫」を担当さんから提案されて、どんどんわけわかんなくなってって、最終的には何書いていいんだか分からなくなりますし。自分は今ここらへんですね。
そういうものを提案される理由も分かりますが、受け入れがたい時がほとんどですし、受け入れて話をどうにかしてみようと思うときもありますが、大体うまくいったためしがありません。
決して「提案をしないでほしい」とまでは思いませんし、自分の話で数字を出せない自分が大体問題なんですが……。
まぁ、本を出してもらっている身で、しかも大して出版社側の利益に絡んでない自分が何か言うのもなんですが、作家業っていうのはもうちょっと自由なものだと思ってました、という話です。

……なんかすげー不満が……まぁいいか、このブログほとんど見てる人もいないですし(笑)
きっつい現状ですけど、どうにか生き残ってみようと思います。
ではでは、本日はこのあたりでー。
[PR]
by akr-hgrs | 2018-04-29 22:03 | Comments(0)

動かぬ指

不穏極まりないタイトルですが、特に折れたとかではありません。こんにちは日暮晶です。

この場合の指は食指ってやつですね。
どちらかといえば、自分はそんなに食指の動くほうではないんですよ。
ラノベ書いてる以上は、最近の傾向を調べるためであったり、話題作から盗めるとこを盗むためであったりと、小説に限らず様々なジャンルのアレコレを知っておくことは決してマイナスにはならないとは思うんですが……自分にはそのあたりのハングリーさが少し足りないと思うわけです。

読んだり見たりしても何も感じないというわけではないです。最近でいえば大楽さんの新作である「王立遊び人学校」を読んで胸が熱くなったりしましたし、細音さんの「キミ戦」や「なぜ僕」を読んでワクワクしたりもしてます。ジャンプでは呪術廻戦がめっちゃ面白いとか思ってますし。読めば楽しめるし、得られるものもあるとは思うんですが、なんでしょうね、この、飢えてない感じ。
自分で空想妄想してるほうが楽しい、っていうのもあるんでしょうか。最近それも楽しいんだかなんだかよく分かんなくなってきてますが。

新しいものを取り入れるだけの器がないのか……? 映画とか、ほんと滅多に見に行かないですし。
漫画も新しく買おうってあんまり最近はならないですね……いや、漫画に関しては置き場とかお金とかの問題でもあるんですけれども。

でもこういうのが行くとこまで行っちゃうと、何見てもそんなに面白くないってなっちゃうのかな……? それは非常に危険なことですね。そうなったら作家以前に人として終わりよ? 大丈夫なの? 自分。

最終的には指が動かなくなって何も書けなくなるわけですね。こわっ。
そうはならないように適度に妄想はしていこうと思います。まあ、書くこと自体は好きだったはずなので多分書けなくなるってことはないと思うんですが。
心が折れたときが筆を折るときですかね。うまいこと言ったった☆
……はい、アホなこと言ってないでネタ出しに戻ります。

ではでは、本日はこのあたりでー。
[PR]
by akr-hgrs | 2018-04-26 18:23 | Comments(0)

登場人物紹介はこちらから

夜はバタつきそうなので、朝方キラーハウスの更新です。おはようございます日暮晶です。
今週はサブタイにある通り、語り部が主人公属する『キラーハウス』、そのライバルサークルである『シャイニーリング』の代表、輪堂天音さんでございます。
思いがけず筆が乗ったのは、「いかにも作家っぽい悩み」みたいなのを彼女に考えてもらったからでしょうか。先週の暇な様子を受けて、かつちょっと流れが変わりだす、今週のはそんなお話です。

ところでラブコメと銘打って始めたはずのこのお話、気づけば多分ラブコメからは程遠い何かになり果てていますね。……今さら? とか言わないでください。
だってラブコメってあれでしょ、主人公1に対してヒロインが2以上、そんな彼女たちがわちゃわちゃしてるのを楽しむはずのお話……もしくは主人公とヒロインが最初からくっついてていちゃついてるお話だと思うんですが。どちらの要素もなさ過ぎて……まぁ書いててそこそこ楽しいので、個人的には特に不満はないんですが、読ませるものとしてはいかがなものかとは思わないでもない仕上がりです。
とりあえず書くことも目的の一つではあるので、それはそれでいいのかとも思いますが。

さて、では以下Moreより本編開始。
お楽しみいただければ幸いです。

More
[PR]
by akr-hgrs | 2018-04-24 06:41 | Comments(0)

明日とか明後日とかはブログ更新する暇があるかわかんないので、とりあえず今日更新しておくかなーと思ったんですが……。

……更新するほどの内容がない……はっ。

内容がないよう!

…………いえごめんなさいマジで忘れてくださいこんばんは日暮晶です。
なんというか、毎日毎日ほとんど同じ日を過ごしてるので刺激に欠けています。
もっとも、あまりに変わったことといいうのもあまり好きではないのですが。超わがまま言って生きてる気がします、自分。
まるっきり変わったことがないとは言いませんが、担当さんとの話とかどこまで話していいやらもわかんないもんで。

少し変わったことといえば、少し前からブログに来るたびにコメントが入ってることですかね……英語の。
……すまねぇな、英語はサッパリなんだ……。
手元の英語辞書で調べて解読してみてもそこまで変わったことが書いてあるわけでもないですしね。
変なとこに目をつけられたんじゃなければいいですが。
普通のコメントだったら、疑って申し訳ない限りですが。

毎度スカスカな内容でごめんなさいね!
普段からどんだけスカスカな人生送ってるかをバラして楽しいのかしら自分。
とりあえず、悲しくなってきたので本日はこのあたりで。
ではではー。
[PR]
by akr-hgrs | 2018-04-19 20:33 | Comments(0)

登場人物紹介はこちらから

というわけでこんばんは、火曜日なのでキラーハウスの更新です。
危うく忘れるところだった……思い出してよかった……。

ころころと語り部の変わるコミケ編、今回はサークルの大黒柱にして何でも屋、中峯隼太郎くんでお送りします。
準備万端で挑んだコミックマーケット。しかし、その洗礼は想定外のもので――? 的なお話です。

……他に書かなきゃなんないようなことも特にないのと、やたらめったら眠いので今日はこのあたりにしておきますか。
あ、しいて変わったことがあったとすれば、ブログにコメントが三件も届いたことですかね。
何かの感想かしら……と恐怖半分、ワクワク半分でコメントをひらくと、そこには!

……三件全部、なんかよくわかんないアドレスみたいのだった……。
クリックするのも怖いので放置してますが、結構がっかりです。ふて寝します。

ではでは、以下Moreより本編開始。
お楽しみいただければ幸いです。

More
[PR]
by akr-hgrs | 2018-04-17 22:04 | Comments(0)

白黒面白

ぽこっと時間が空いたのと、気が向いたので朝更新です。おはようございます日暮晶です。

アプリゲーにはちょこちょこ手を出してる自分ですが、最近更新された「白猫プロジェクト」と「魔法使いと黒猫のウィズ」の新イベントが面白くって……! という話です。

黒ウィズのほうからいきますかね。
今回のイベントは「黄昏メアレス」という、黒ウィズ屈指の人気タイトルの最終章。味方敵問わず、登場人物たちの性格が端から端まで格好いいのと、少年漫画的激アツ展開が見どころのイベントですね。
全体的にストーリーのレベルが高い黒ウィズですが、これはほんとに面白かったと思えます。今回のを含め全4章プラス、番外編でちょいちょいストーリーが出てましたが、番外編含むすべてのストーリーにちりばめられた伏線の回収の仕方といったらもうね……!
ユーザーの間では「メアレスロス」とかいう単語が飛び交うぐらいの事態になってます。でもやっぱり物語ってのはちゃんと閉じてナンボだとも思いますし、綺麗に閉じてましたし、個人的には大満足です。書籍化もするらしいし楽しみだなー。

一方、白猫です。
実は最近ちょっとサボってたんですが(前回更新イベントで出てきた新しい敵……というか、敵にかかってるバフみたいなのがクソ面倒でやる気失せた)、今回ギャグパートの物語だったので久しぶりに手を出してみました。序章がもう面白かったので、つい。
個人的に白猫のイベントストーリーって当たり外れが大きい印象があって、当たりは大体ギャグに寄ってる感じがするんですよね。今回もそうですが。
キャラの掛け合いのテンポがいいのでサクサク読めますし、キャラに声あててる声優さんの演技も素晴らしいんですよ……! 今回のキャラでイチオシなのは新井里美さんが声をあててる「ソアラ」ってキャラなんですよ。今回で三回目かな?
初登場時はそうでもなかったんですが、聞いてるうちにめっちゃツボに入っちゃって……このソアラもまた独特なキャラをしてるんですが、それと新井さんの演技が凄まじいかみ合い方をしましてね……いいんですよ……。
あと親密度を上げることで見られるキャラストーリーもよかったのよ……。

というわけで、やってるゲームが面白れぇというお話でした。
最近だと、キングスレイドにも手を出してしまいましてね……3Dキャラの乳揺れやパンツゲフンゲフン、モーションを好きなだけ拝み倒せるゲームで、最初はそれ目当てに始めたとこもあるんですけど、やってると意外とはまっちゃって……ゲームやってる場合じゃないんですけど色々と楽しくって時間を作るのが大変だなぁって感じです。小説書け。

ではでは、本日はこのあたりでー。
[PR]
by akr-hgrs | 2018-04-15 07:11 | Comments(0)

登場人物紹介はこちらから

というわけで、火曜日なのでキラーハウスの更新です。こんばんは日暮晶です。
今週は副題を見てもらえば分かる通り、サークルの年上ロリ、灰森ときわの視点でお話が進みます。
コミケといえば……みたいな妄想を考えると、どうしてもR18の話は外せないだろうと思ったので、年齢だけは18超えてるときわさんにこの話を割り振ってみました。
ぶっちゃけR18エリアにときわさんみたいなロリを放り込んで問題なかろうか、と思わないでもないですが、万が一の時にはあやとり紐を使った必殺仕事人になるので問題ないか、とぶっこみました。本編のなかであやとり紐の出番があるかどうかは、読んでみてのお楽しみ。
あと、この期に及んで新キャラ登場です。まさかの。どうせ出すならもうちょっと伏線とか張っといてもよかったな~と思わないでもないんですが、突発的に思いついた展開なので仕方ない。相変わらず行き当たりばったりで書いてますね、この話。

それはそれとして、最近非常に眠いです。なんでしょうね。
春の陽気というにはまだ少々肌寒いぐらいなんですが。らしくもなく頭使ってるから脳みそが疲れてるんでしょうか。この程度で疲れるだなんて先が思いやられますね。
桜もすっかり葉桜に、学生たちも休みを終えて、また少しずつ色々始まってますね。
自分もとっとと色々始めたいものです。

ではでは、以下Moreより本編開始。
お楽しみいただければ幸いです。

More
[PR]
by akr-hgrs | 2018-04-10 18:19 | Comments(0)

寒暖差

えー最近すっかり週2更新に落ち着いてしまっております。こんにちは日暮晶です。

なんというか、最近若干バタバタ気味でして、あまり強い更新義務のないブログ更新がおろそかになりがちです。いや、毎回言ってますけど別にネタもないんですけどね。

今回にしたってさほど面白いことも起きちゃいないんですが、最近のネタといえばやっぱり気温の上下が恐ろしく激しいことでしょうか。
週の前半は春を飛び越して夏かって思うほどに暑かったのに対して、週の後半は一気に冬の寒さに逆戻り。こんなん体調崩しますわ。
今朝だって、雪だかみぞれだかよくわかんない物まで降ってましたからね。灯油使い切ったヒーターに結局灯油足しましたよ……寒いんだもの……。
しかも今日は天気が荒れに荒れてましたからね。雨が降ったかと思えば晴れ間がのぞき、そうかと思ってちょっと目を離せば強風と雨が……外出には、向かない日でしたね。

そういえばこの時期、富山では「チンドンコンクール」というお祭り騒ぎが富山駅前で行われるんですが、今年の参加者の皆さんはどえらい時にやることになってんなぁと思わざるを得ません。
ざっくりしたイメージだと、派手な格好をした参加者たちが、楽器とかを鳴らしながら市中を練り歩くみたいな感じでしょうか。実は自分もさほど詳しくはありませんが、富山では割と有名な祭りのはず。
寒さも和らいできた春先、うまくいけば桜が咲くぐらいの温かいときにやるはずなんですが、誰かが悪いことでもしたのか今年は10度とかそのぐらいの気温。寒いわ!
しかも天気は晴れたり雨ふったりと落ち着かない天気。さすがに同情します。
まぁ、仮の会場としてどこかの屋内を貸し切っているみたいな話も聞くので、参加者の皆さん方はぜひそちらでやっていていただきたいところ。

桜もすっかり散ってしまいましたが、この寒さを越えればようやく10度前半~後半で気温も落ち着いてくるっぽいので、もう少しだけ耐え忍ぶとしましょう。

ではでは、本日はこのあたりで。
[PR]
by akr-hgrs | 2018-04-08 15:58 | Comments(0)

登場人物紹介はこちらから

火曜日なので、勝手にキラーハウス更新です。
なんだかんだで60話目です。きりのいい数字ではありますけど、流れで書いてたら語り部が主人公の虹華ではなくヒロイン役の夕になっちゃいました。なんて適当な。
しかも、若干時間軸がずれてます。先週の話よりも少し前の会場内の様子っていう感じですね。ややこしい。誰だこんな書き方したの。自分でしたすいません。

そういえばこれは本編とは関係ないんですけど、タイトルの副題(黒原虹華の〇〇みたいなの)は、毎回なんとなくその話の雰囲気からつけてるので、ダブってるのもある可能性があります。
ていうか、本編を書いてる段階では空白ですからね、副題。とりあえず最初からの流れとか統一感は大事にするという意味で、名前+○○みたいなスタイルは定着させてますが。
もしなんかダブってるのに気づいても、生暖かい目で「あ、こいつ適当につけてんな」と見守っていただければ幸いです。

雑談でも。気温はといえば、ずいぶん春らしくなってきましたね。桜も咲く時期ですし、日本人に生まれたからには春は桜を見なきゃならんだろうと思いたち、先日の日曜日に桜の木が見られる公園へ行ってきました。
その日は暑いぐらいの陽気。まさに花見日和でした――が。
ぶっちゃけ、やめときゃよかったと後悔しました。
人が。
人が多すぎて……まぁ、日曜の晴れの日に桜が満開と来ればそりゃあそうなりますよね。
駅前から少し歩いたところに桜の花を拝める公園があるんですが、花見客がどっと押し寄せておりまして……。人の流れにもみくちゃにされながら桜を見てきました。疲れたよ……。

さてさて、では以下Moreより本編開始。
お楽しみいただければ幸いです。

More
[PR]
by akr-hgrs | 2018-04-03 21:01 | Comments(0)

やー、自分生まれてこの方嘘なんてもんをついたことがなくってですねー。
何言えばいいのかまったくわかんないわー。エイプリルフールとか正直者にはつらいっすわー。

……まあ、小説家が何言ってんだお前って感じですが。
なんなら存在自体虚構になりかねない日暮晶です。おはようございます。
とりあえず盛大かつ雑な嘘をついたのでエイプリルフールの義務は果たしました。刊行中の作品でもあれば「アニメ化!」とか言ってベタに済ませるところなんですけど、残念ながらそれもないのでこんかいは「嘘ついたことないよ」アピールで済ませることにしました。てへ。

それはさておき、この一週間まーばたばたとしてましてね……キラハの更新だけちゃんとやってんのが奇跡のようです。自分は実家の飲食店手伝っているんですけど、年度末だからか何か知りませんが恐ろしい客足でしてね……普段なら自分は基本昼営業のみ、週に一回か二回夜まで出て終わりなんですが、今週は初っ端から終わりまでずっと店にいることになりましてね……。
食材はなくなるわ手は足りないわでてんやわんやでした。超疲れた。
ちょっと寒さが緩むとこれですよ。一度に来られても対応しきれないのでもうちょっとばらけてきてくれないもんかと思いますけど、まぁそうそううまくいかないのがお店ってもんですよね。

さて、ざっくりと嘘もついたところで本日はこのあたりで。
ではではー。
[PR]
by akr-hgrs | 2018-04-01 10:49 | Comments(0)

物書きの蝉、もとい物書きの日暮晶が綴る、雑な日記のようなもの(予定) ご連絡等ございましたら q65e3r@hotmail.co.jp までどうぞ