カテゴリ:未分類( 294 )

献本

それは、著者の手元に届く、いわば見本品。
こういう形で本になりましたよと、発売前に出版社から届けられるものである。
しかし、自分の手元にとどいたのは想定外の献本だった――

というわけでこんばんは、日暮晶です。もうヴェノムから一週間経ったらしいですよ。恐怖よ!
まぁそれはさておき、珍しい事態が発生したのでブログのネタに使います。とある献本の話ですね。
上記のとおり、献本というのは発売のおおよそ二週間~一週間前に届けられるやつでして、本の製作に関わってる人たち……著者やイラストレーターさんに、出版社から届けられる見本ですね。

しかしです。
これが届くのは基本的に本を出すタイミングか、あるいは重版がかかったタイミングだけなんですが、自分は直近で本を出す予定はありません。今さら既刊に重版がかかるとも思えませんし、そんな大事件が起こっていたなら担当さんから連絡が入るはず。家に届いた時は何があったのかと本気で驚きましたよ。
届いた袋を開けてみたら、中に入っていたのは……!

f0379252_2054970.jpg



……ええ、驚きましたよね。
自分のデビュー作である『災厄戦線のオーバーロード』、その一巻です。
ただし、台湾で出版されたものですが。

ちょっと面白かったのが、本のサイズですね。一般的にラノベって文庫サイズですけど、今回頂いたこれはそれより一回り大きな感じでした。イラストも大きい。サービスシーンもド迫力です。

いやぁ、それにしても驚きましたね。海外で翻訳されて出版されたりなんてのは昨今のラノベでは割とよくあることですし、この『災厄戦線』は韓国でも出版されてたこともあったんですが、もう四年半ぐらい経ってるこの作品がまさか今になって出版されるとは……。いやまぁ、最近出たのかは分かんないですけど。
ともあれ、台湾でも楽しんでいただけると嬉しいところです。

……でもちょっと気になるのが、方言のセリフがどう翻訳されてるのか……中を見ても、どのシーンで何言ってるのかは全然読めないのでね……。いやそれはもう著者ですし、読めないとはいえほぼ漢字なので、概ねざっくりした内容はつかめるんですが、フフフ、全然読めねぇ……!
表紙の帯には「強すぎるのも考えもの?」みたいなことが書いてあるのかな……? なんて思ったり。違ってたら恥ずかしいですけど。

気が向いたら手元にある日本語版のと読み比べてみるのも面白いかなーと思ってます。

ではでは、本日はこのあたりで!
[PR]
by akr-hgrs | 2018-11-11 21:08 | Comments(0)

可愛い怪物

こんにちは、日暮晶です。

相変わらず誰に見せるんだか分からないプロットばっかり練ってます。何かがあるときのために色々考えておかないといけませんからね。

さておき、お仕事方面では特に言うこともなさそうなので、めずらしく映画についてのお話でもしておきましょうか。
最近公開された『ヴェノム』を観てきました。面白かったです。やっぱ洋画の派手なアクションシーンは見てて爽快感がありますね。
CMでもちらほら見られている方はいるかと思いますが、あのどう見ても悪役にしか見えない宇宙生物、ヴェノムに寄生されちゃった主人公のお話ですね。イメージとしては黒いスパイダーマン的な。スパイダーマンほどヒーロー感はないですけどね。
ツイッターでは、見た人たちの感想として「ヴェノムが可愛かった」みたいなものがちょいちょいあったように思います。実際そんな感じでした。見ればわかる。でもヴェノムの恰好よさも折り紙付きなのでお勧めです。

ではでは、本日はこのあたりで。
[PR]
by akr-hgrs | 2018-11-04 15:10 | Comments(0)

あと一日

やってもーた、うっかり一週間以上ブログ更新忘れてた。
まぁ、相も変わらずこれと言って特筆すべき特別な事態も発生はしていないんですけどね。こんばんは日暮晶です。

なのでアニメの話でも……と言いつつ、今期はとりあえずグリッドマンしか見てないんですけども。
仕事柄、一応アニメには触れておかないとなーとは思っていますので(にしては一作品は少ないと思いますが)、何かしら見るようにはしてるんですよね。
ただリアタイで見られる環境にないので、基本的にはニコニコ動画を利用してます。そのせいか、世間の反応とちょっとラグが出るんですよね。
ニコニコだと第一話は基本無料なのもあって、二話目が配信されるまで手を出さないみたいなところもあったりして。逆に言えば、三話目が配信されるまでに手を出さない作品は見ないことが多いです。

で、そんな中でツイッターなんかでよく話題に上ってたのがグリッドマン。正式なタイトルは「SSSS.グリッドマン」ですね。円谷プロが関わってるとか聞いたので何だろうと思ったら、過去の特撮作品に「電光超人グリッドマン」ってのがあったらしく。それを元にしたというか、この場合は原作? って扱いでアニメ化したらしいです。
平たく言えば怪獣VS巨大ロボ的な。平たすぎて風にはためきそうですが、見始めた感覚としてはそんな感じです。でもザ・王道って感じで、文句なしに面白いです。
あとツイッター上ではさらに様々な見どころが上がってきてて、三つほどに要約するなら「上半身・下半身・サイコ可愛い」大体こんなとこです。自分で要約して意味わかんねぇなこれって思いますけど、でも実際こんな感じです。散々出回ってるのでネタバレなんて今さら気にしないでいいのかもしれないですが、あえて触れていかないスタイルで。過去ネタバレの件で壮絶な大目玉を食らったことがあるので他人へ対するネタバレに結構ビビリになってるんですよね。
面白いので、気になってる方がいたらお勧めです。

で、あと一日ですよあと一日! ワールドトリガーがジャンプに帰ってくるまで! 楽しみ! 明日は起きたらその足でジャンプ買いに行きますよ!

ではでは、本日はこのあたりで!
[PR]
by akr-hgrs | 2018-10-28 20:58 | Comments(0)

今年一番のニュース

ちょっと奥さん、聞きまして?

ワールドトリガー連載再開ですって

よ!!!!!!!!!

キタ――(゚∀゚)――!!

……ええすいません、ちょっとテンションがおかしなことになってます。こんばんは日暮晶です。
週刊少年ジャンプで連載していて、作者である芦原大介先生が病気につき連載を休載していた「ワールドトリガー」、とうとう連載再開との情報がツイッターで流れてきまして、ワールドトリガーの一ファンとしてはそれはもう嬉しくって……!!

早く月末にならないかしら。わくわく。
ちなみに一緒に流れてきた情報によりますと、十一月いっぱい週刊少年ジャンプで連載したあと、ジャンプSQのほうに移籍という形になるそうです。

まぁ、色々と理由があるとは思うんですが……今のジャンプは、個人的に今まで見てきた中で黄金期と呼ばれた時代に近づいている……というよりは第二の黄金期にきてる気がするんですよね。(個人的に第一は、ワンピ・ナルト・ブリーチ・ボーボボの四作品があったころ)
言わずと知れた今のジャンプの船長ともいうべきワンピースに始まり、僕のヒーローアカデミアやブラッククローバー、火ノ丸相撲、鬼滅の刃に約束のネバーランドなどなど、ずらりと並ぶアニメ化も決まってる中堅作品群。
割と休載は多い物の待たせた以上の面白さで読者を引きずり込むハンターハンター、月一連載という変わった形ながらも根強い面白さを誇るボルト。
さらにここ最近の新作では異例の爆発力を発揮している呪術廻戦にアクタージュ……ぶっちゃけ、ここにさらにワールドトリガーまで加わると、新作の入る余地がなくなるまであると思うんです。いやジャンプ読んでる身としてはありがたいんですけどね。一か月でもこれらの作品が一挙に会するとか、ちょっともう……ヤバいですよ(語彙消失)

それと、単純に芦原先生の体調面でのお話でもあると思うんですが。週刊連載よりは月間連載のほうが当然、時間にゆとりはあるはずですからね。体に気をつけて頑張っていただきたいところです。

で、SQへの移籍に対してネット上の反応はといえば。
「お体に気をつけて頑張ってほしい」
「芦原先生が一か月煮込んだワールドトリガーを毎月読めるってこと……? 俺たち死ぬんじゃない?」
の二つに大別されてました。マジで大体こんな感じです。
少なくとも、「えーSQ行っちゃうのー?」みたいな意見は目にしなかったですね。改めてすごい作品ですね、ワールドトリガー。
楽しみすぎて死にそうだけど、ワールドトリガーの復活に立ち会うためには……死ぬわけにはいかないの……!

というわけで、個人的に今年一番のニュースでした。おしまい!
ではでは。
[PR]
by akr-hgrs | 2018-10-19 21:09 | Comments(0)

おそうじおそうじ

気が向いたので朝更新です。おはようございます日暮晶です。

昨日は休日だったんですが、気が向いたので部屋の掃除をしてみました。
ついでに、本棚からあふれていい加減邪魔になってきた本を、ベッドの下のスペースを活用してしまいこんでやろう……という目論見で、収納ボックスを買ってきてみたんですね。

当然、買ってくるわけなのでミスはできません。高さはしっかり測って、23センチと知る。ホームセンターにて高さギリギリの収納ボックスを発見。どうせならスペースは欲しいから二つ買おうと二つ買ってきました。
さぁーてベッドの下にねじ込んで――

ガッ(ボックスが引っかかる音)

……Oh……引っかかりやがった……
嘘だろ? 高さは23センチで間違いないはず……とそこで自分は気づきました。
ボックスに表示されていた23センチというのは、収納部分の高さだったんですね。ボックスとしての外側の枠の高さは含まれていなかったようで……それに気づいた瞬間、やっべどうしようと本気で思いましたよ。二つも買ってきたんですよ? そこそこ冷や汗もんですよこんなの。
ベッドの下に収納できないなら、邪魔以外の何物でもない……!!

最終的には、机の下のスペースにねじ込むことで事なきを得ました。大量の本もかなりの冊数しまいこむことが出来て、床の面積も広がった。万々歳ですね!

この掃除の教訓は、収納ボックスに表示されてる高さに騙されちゃだめだぞってことです。ややこしいわ! いや単に自分が間抜けなだけでもあったんですが。

ではでは、本日はこのあたりで。
[PR]
by akr-hgrs | 2018-10-15 07:19 | Comments(0)

ビニコン

またも一週間以上間が空いてしまいました。結構適当な日暮晶です。

話題も特にないせいか、ブログの更新はちょこちょこ怠ってしまいますね……今日も別に話題があるわけではないんですが、ちょっと一冊、読んだ本の感想でも書きなぐっておこうかなと。

読んだのは「コンビニ人間」。ドン引きするほど失礼な言い方になりますが、芥川賞か直木賞のどっちかを取ったあの作品です。
母親が文庫版になったのを買ってきてたので読んでみたんですが、開始数ページでなかなかキレてる作品だなと思いましたね。

あんまりごりごり語るのもあれなんですけど、しいて言うなら主人公(36歳、女性)は「人畜無害なサイコパス」って感じでした。思考が常人とは随分ずれていると言いますか。
学生時代、同級生の喧嘩を止めてと言われた主人公がシャベルで同級生の頭をぶん殴って止めたという話で大体そのずれてる感じが伝わるかなーと。シャベルで殴り掛かった理由が「それが一番早いから」です。ね、良い感じでしょう?
この主人公、徹頭徹尾そんな感じです。

普通の間性を持ってる人が読んだら結構「うわっ」って引くのかもしれませんが、自分からするとそんなに引くことはなかったですね。「面白い感性してるなぁこの人」ぐらいの感想です。ぶっちゃけ、この主人公は他の登場人物たち(特に血縁)からはドン引きされてる人なんですが、自分は「そんなにおかしなこと言って無くない?」側の人間です。母親ともども。……いえ自分たちがサイコパスだとは言いませんが、そこまで他人に迷惑かけるような行動をしているわけじゃないからいいじゃん、みたいな感じです。

ざっくりまとめると、「普通って何?」みたいなお話だったのかな、とあっさい読み方をしています。もっと深いところに何かあるのかもしれませんが、自分にはそれ以上のものは読み取れなかったですね。でも面白かったです。

ページ数も160ちょいで、ラノベ一冊よりも少なく、中編といった感じでした。読みやすい話でもあったので手を出しやすいと思います。
気になった方は読んでみるのもいいかも。

ではでは、本日はこのあたりで!
[PR]
by akr-hgrs | 2018-10-10 18:11 | Comments(0)

神など無い

昨日日曜だったのにうっかりブログ更新忘れてました。こんばんは日暮晶です。

今年ってば本当に台風のよく来る年ですね……! 暴風域や直撃コースの方々は大丈夫でしょうか。無事をお祈りいたします。

自分の住まう富山なんかは台風には割と強い土地でして、意外と台風が直撃するってあんまりなかったりするんですよね。事実、今回も下のほうに逸れていきましたし。富山の大人たちは口をそろえて「立山のおかげやね」と言います。
立山。標高三千メートルを超える(はず)おっきい山。地元の日本酒の銘柄にもなるぐらいの山です。いわく、あれが盾になって台風の類から守ってくれてるのだとか。ありがたい限りですね。

さておきまして、気づけば九月も終わって十月。神無月です。ひぇぇ。
今年ももう暮れの足音が聞こえ始めましたが、ちょっと時間が経つの早すぎませんか。このままでは何も成せないままあっという間に死んでしまう……! 恐怖……!

気合を地味に入れなおして頑張ります……!

ではでは、本日はこのあたりで。
[PR]
by akr-hgrs | 2018-10-01 17:51 | Comments(0)

えーというわけで、ドラゴンマガジンが発売されて早四日が経ちました。すっかり更新を怠っていた日暮晶です。

タイトルにもある通り、ドラゴンマガジンにて龍皇杯が開催されております!
自分のエントリー作品は「異世界パンダ」。いわゆる異世界転移モノですが、主人公が色々あってパンダになります。んで敵をなぎ倒したり、外見由来で美少女に可愛がられたりする話です。
どちらかといえば普段自分があんまり書かない類の話ではありますね。珍しい日暮晶です。
ドラゴンマガジン他、富士見ファンタジア文庫の公式サイトや、カクヨムでも読んだり投票したりが可能なシステムになっております!

龍皇杯公式サイト

カクヨムはこちら

カクヨムのほうで投票するときは会員登録が必要になるみたいなので、投票したいけど会員ではないという方や、登録するのが面倒くさいっすよという方は、ファンタジアの公式サイトからの投票をお勧めします。

投票数一位の作品は文庫化が決まるという、いわばラノベ作家によるバトルロワイヤル……あれ? バトルロイヤル? どっちだ? ……生き残りをかけたお祭り騒ぎ!(ごまかした)

興味がございましたら是非ご一読を……面白ければ投票していただけると幸いです!
ではでは、本日はこのあたりで!
[PR]
by akr-hgrs | 2018-09-24 07:46 | Comments(0)

最近のブログの出だしはといえば散々ネタがないだのなんだのとうだうだ言ってた自分ですが、告知できることがあるのをすっかり忘れていました。こんばんは日暮晶です。

明後日・9月20日の木曜日発売のドラゴンマガジンに、龍皇杯の参加作品が掲載されている……はずです。著者校正とかもやったし、多分……載ってる……よね?

はずだのよねだの微妙に確定してない言い回しばかりしているのは、自分のもとにドラマガがまだないからです。発売の一週間前ぐらいには届くかなーと思ってここ数日そわそわしてたんですが、そう言えば一週前に届くのって文庫のほうだけで、ドラマガは大体発売日に来てたなぁと思いだしました。担当さんに「どういうことですか、えぇ?」と詰め寄る前に思いだしてよかったですほんと。

相変わらず作品関連の話はまだできませんが、気になった方はぜひ読んでみていただけると……!
ドラマガ発売したらまた更新しにきます。

ではでは、ざっくりながら本日はこのあたりで。
[PR]
by akr-hgrs | 2018-09-18 21:46 | Comments(0)

作家らしさ?

なんだか日曜定期更新みたいになっちゃってますね。平日は地味に時間が取れなかったりすることがあるので怠けているだけですが。こんばんは日暮晶です。

例によってさほどネタがないので適当な話でも。
たぶん自分ぐらいのラノベ作家としてはあるまじきことだとは思うんですが、丸一日まるっきり文章を書かない、みたいな日がちらほら自分にはあったりします。
じゃあ何してんのお前……? みたいに思われるかもしれませんが、多分九割方スマホいじってます。ソシャゲです。ハッキリ言って「ロクなネタ出しもしてねーのにいじってる場合かよお前」とか思われると思います。自分でも思ってます。でも手を伸ばしちゃうので多分自分はネット依存症です。知ってた。

どちらかといえば自分は真面目な方だと思うんですね。学生時代も宿題とか課題とかは基本的にちゃんと期限まで出してたタイプですし。恐らくそのあたりの性根が裏目に出てる感じはします。ソシャゲによくあるデイリーミッションは、さながらソシャゲの宿題。つまり、片づけないとちょっと気持ち悪いんです! 精神的に!

いやもうほんと、真面目な人ほどソシャゲはやっちゃいけないと思います。一つならまだしも、自分はまた最近手を出して……6つ目かな……? を掛け持ちしてます。アホですね。
……違うんです、聞いてください。ツイッターで流れてきた褐色ロリ巨乳がたゆんたゆんしてる画像を見てしまったら、そりゃ気になりますよね? 男の子ですもん。
アリスギアアイギスってゲームなんですがね……これがまた面白いゲームでして……。
しいてどんなゲームかを挙げるなら……美少女がメカを装備して、機械生命体みたいなのを撃墜していくゲームですかね。

ちなみに件のキャラの名前はシタラって名前なので、気になったら調べてみていただければと。もうすっごいぞ。どちゃくそかわええから。

……白猫、黒猫、アリスギアと、自分はコロプラの回し者になりつつある気がする。いや、全部続くとは限りませんが。忙しくなって来たらさすがにそんなにやってられないんで。

という感じで、自分は今日もゲームにどっぷりしてます。一応新作も考え中です、とついでのように言ってみる。
ではでは、本日はこのあたりでー。

……ん? タイトルの、作家らしさとは……?(哲学)
[PR]
by akr-hgrs | 2018-09-16 21:00 | Comments(0)

物書きの蝉、もとい物書きの日暮晶が綴る、雑な日記のようなもの(予定) ご連絡等ございましたら q65e3r@hotmail.co.jp までどうぞ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30