続・骨組み

どうも、ブログで「続く」とか訳の分からん事やったせいでどこまで話してたっけとわかんなくなっちゃった日暮晶です。

そう、たしか自分はプロット書くのが下手なんじゃないかっていう話でしたね。
というのも、どうにも自分は書かなくてもいいことまで書く悪癖があるようでして。
プロットというか、若干下書きっぽくなってる気がするんですよね……多分、普通なら文庫本で10ページとか、短い人ならその半分ぐらいで済むと思うんですけど、自分は気づいたら新キャラのプロフィール等を抜いても20ページ超えてることとかザラにあったりして。しかもその時点でまだ終わってないという。
なかなかに困ります。
誰が困るって、それを読まにゃならん担当さんでしょうけれど……毎度お手数かけます。

もう少しまとめ方というか、そういうのを学ばないとなーと思う今日この頃です。
……言ってるうちはやらない気もしますが。ダメじゃん。

それはそれとして、ちょっとした写真を公開してみます。

f0379252_20445670.jpg


実は先日から数回宣伝していた「この旅の果ては、約束と救済と嘘の場所」の見本が届きまして。折角なので、ぱしゃり。

ついでに初写真アップやってみようというのと、この、ほら、ほかの作家さんも割とよくやってるけど、三冊をざらっと並べて撮るのってちょっと夢だったんですよ。
前作の災厄戦線のときはブログとかやってなかったので、写真撮る理由もなかったですし。

いやぁ、しかしやっぱり本になるというのはうれしいものです。
見本が来たら一回ざらっと読む派なんですけど、パソコンの画面上で見返すのとはまた違った趣があって面白いです。

ただ見返して思ったんですけど、やっぱり口絵の破壊力がどれもこれも半端ねぇ。赤井てらさんすごい。
もうこれだけで状況全部説明できてるなっていうイラストや、表紙になってない方の娘のあ~んな姿まで完備してございます。
気になった方はぜひ、発売日をお待ちいただければと。

では本日はこの辺で。

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by akr-hgrs | 2016-11-10 21:03 | Comments(0)

物書きの蝉、もとい物書きの日暮晶が綴る、雑な日記のようなもの(予定) ご連絡等ございましたら q65e3r@hotmail.co.jp までどうぞ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31