バレンタイン特別篇

バレンタインです。
……まぁ、だからなにということもない日暮晶ですが。

せっかくのイベントですし、これにかこつけてショートショートを書いてみようと思ったんですが、これが意外と難しい。
いきなりオリジナルのショートショートを……書いてもいいんですけどイマイチ面白い案は浮かばないし、キラーハウスはちょっと時期が早い。
なので著作からそれ系のショートショートでも書こうかと思ったんですけど、著作が「災厄戦線のオーバーロード」か「この旅の果ては、約束と救済と嘘の場所」しかないですからねぇ。
「旅果て」にいたってはファンタジーなので、選択肢の余地はなかったです。
というわけで、辛うじて舞台が現代日本の「災厄戦線のオーバーロード」に登場したキャラで、ちょっと簡単にショートショート書いてみました。このブログを見てくださってる方の中にこの作品を知っている方がどれだけいるかは分かりませんが、まぁ「読んでないと分からない!」みたいなネタは基本的に入れてないと思うので、興味がありましたらどうぞ。
久し振りに災厄戦線のキャラを書いてみましたが、意外とするする書けて楽しかったです。

内容は、最終巻から一年近く経った後の、バレンタイン前日とちょっとだけ当日。
恋人へどんなチョコを渡せばいいかな、と悩む少女・口原琴音(くちはらことね)と、その親友の平上新奈(ひらかみにいな)による、ガールズトーク……からは程遠い何かになりました。

琴音と、災厄戦線の主人公である笹宮銀(ささみやしろがね)の話に使用かと最初は思ってましたが、想像しただけで甘すぎて砂糖吐きそうになったので、若干ビターなとこのある新奈との絡みにしてみました。意外といいバランスになったんじゃないかと手前味噌なことを言ってみる。チョコレートなのにね。
題して、「イレイザーたちの恋チョコ事情」。

ちなみに、語り部も新奈となっております。あれからしばらく、銀・琴音のカップルはどうなっているのか……まぁさほど描かれているわけではありませんが。
キラーハウス同様、以下Moreより開始です。
お楽しみいただければ幸いです。

夜にはキラーハウスの更新もしますので。
ではではー。




More
[PR]
# by akr-hgrs | 2017-02-14 10:03 | Comments(0)

眩しい雪

どーも、日暮晶です。

北陸は週末にかけて冷え込むやら天気が崩れるやら言ってましたが、まさしく然り。
寒い寒い……風も強いし、雪も降ってる。
しかし現在晴れている。
……天気雨はたまにあるけど、晴れで雪で強風って意外とないんじゃないかしら。おかげで外の景色が眩しくって仕方ないです。

まぁそれはそれとして。
そういえば今日は建国記念の日らしいですね。土曜日に祝日って、元々休みの学生的には結構損した気分になるんじゃないでしょうか。自分が学生だったのはだいぶ前なのであんまり覚えてませんが。
というか、そもそも今も基本的に土日休みなのかも分からないですが。土曜の午前だけ授業とか、自分が小学校1,2年あたりまではやってた気がしますけど、あとは土曜も休み―、って感じでした。ゆとり教育への変遷期に学校行ってた世代なんですかね、自分たちの世代は。

当時の自分が何を思っていたのかは若干気になりますが。間違いなく政治的なものには興味がなかったんでしょうし、なんで突然土曜が休みになったのかも全く分かってなかったでしょうけど。
ただ、「土曜日休みになってラッキー」とか考えるほど、学校に行くことを苦痛には思っていなかったはず。
……もしかしたら土曜日が休みになったことそのものに気づいてなかった可能性もあるなぁ……。
でもそう考えると、やっぱり今の自分と昔の自分って違うんだなーなんてぼんやり思ったりします。今の自分は、土曜の休みが結構嬉しいですもんね。仕事の類が嫌というわけではありませんが、なんとなく時間があるのはいいことです。パソコン弄る時間ができますし。

ただ、今から20年後の自分が同じことを言うかというと、そうでもない気がしますけど。
考え方が概ね固まってきているからですかね。あるいは何となく記憶が残っているからか。
これが大人と子供の違いか……なんていうほど大人になったつもりもありませんけど。

さて、本日はこのあたりで。
ではではー。


[PR]
# by akr-hgrs | 2017-02-11 15:32 | Comments(0)

 登場人物紹介

○黒原 虹華(くろはら にじか) 17歳
 
 主人公兼語り部。ライトノベルの偏読家で色々と業の深い少女。

○白砂 霧(しろすな きり) 16歳
 
 虹華のクラスメイト。胸も身長も懐も大きい社交的少女。

○灰森 ときわ(はいもり) 19歳
 
 見た目年齢マイナス6歳。人形のように可愛らしい大学一年生。趣味はあやとり。

○小野木 夕(おのぎ ゆう) 16歳
 
 虹華を男らしさの師匠と仰ぐ、女子より可愛い男の子。

○大井手 来斗(おおいで らいと) 20歳

 サークル『キラーハウス』のヘッド。

○中峯 隼太郎(なかみね じゅんたろう) 18歳

 特筆すべき特徴のない、サークルの優秀な雑用係。


 というわけで、10話目更新です。
 キリがいい数字ですね。だからといって何か記念的なものをできるわけでもないんですが。
 今回の話が思いのほか長めになりそうだったので、ぶった切って後半分を来週の更新に回すことにしました。なので10話というキリのいい数字の割に「続く!」感が強い話になりました、結果的に。
 さてさて、では以下Moreより本編開始。
 お楽しみいただければ幸いです。
 ではではー。



More
[PR]
# by akr-hgrs | 2017-02-07 18:26 | Comments(0)

すっきり

実はアレルギー性の鼻炎持ちでして。
多分猫とハウスダスト系のやつですかね。自分でもあんまりよく分かってないんですけど。
猫のいる家などに行けば、数時間いるだけで症状が鼻に来ますし、猫のいない場所で普通に過ごしてても、何か月かに一回、時たまとんでもないのが来たりします。
昨日がまさにそれでした。

朝っぱらからずびずびずびずび、ずーっと鼻かんでました。おかげで鼻がトナカイみたいに真っ赤になりましたよ……たぶんティッシュ丸々一箱ぐらい使っちゃったんじゃないでしょうか。しかもくしゃみも滅茶苦茶出ますし。2,3回繰り返すのなんてザラです。多分花粉症とかを思い浮かべてもらうと分かりやすいかと。

毎度毎度あれだけの量の鼻水が一体どこから出てくるのかとマジで不思議です。しかも鼻のかみすぎで頭も痛くなってくるしで、さすがにしばらく寝てました。寝てると意外と鼻が止まるんですよね。不思議。

そして一日経った今日は、何事もなかったかのように鼻水が出てこない。
超スッキリ。めっちゃ鼻通ってます。頭もスッキリしてるし。
気分はまさに台風一過。
……いやまぁ、自分は経験から何となくこうなるだろうことはわかってるんですが、なぜか一日終わったらキレーイに治ってるんですよ。ほんとになんなんでしょう、これ。一日で全部出しきってしまうのか。

こうなるたびに人体の神秘を感じます。
……神秘というには少々汚い気もしますが。
というわけで、今日も自分は元気ですと言う話でしたー。
ではではー。

[PR]
# by akr-hgrs | 2017-02-06 21:07 | Comments(0)

がちゃがちゃ

油断するとうっかり更新が途切れてしまう……。
というわけで四日ぶりの日暮晶です。

毎度のことながらさほど大した情報もないんですけどね。
最近ご無沙汰だったソシャゲの話題でも。

白猫ではちょっと前に新ガチャ&イベントが始まりましたね。
もちろん入れ替え狙い……どちらかといえばリネア(女の子)狙いで回したんですけど、77連見事にダメでした。
こいつぁダメージがデカいぜ……。
なので今回は諦めました。人間、引き際を見極めることもまた大事なのです。
……引き際を見極めたと言い張るには、77連という数字はちょっとアレですが。
なんにせよ、次のイベに向けて貯め始めます。島掘り島掘り……。

あと神気解放も……ありましたけど、話題にするのはやめておいたほうがよさそうなのでやめておきます。
色々と物議を醸しましたからねぇ……。
気になるお方は「神気 ツキミ」あたりで調べると何となく状況を察せるかなって感じです。

確かに今回若干の肩透かし感というか「あー、こんなもんか」感はありましたけど、まぁ自分は課金してるわけでもないので、あれこれ文句言う立場でもないかなとも思ってますね。
のんびり、出来る範囲で楽しませてもらってます。

さて、とりあえずはこんなもので。
ではではー。


[PR]
# by akr-hgrs | 2017-02-05 14:17 | Comments(0)

物書きの蝉、もとい物書きの日暮晶が綴る、雑な日記のようなもの(予定)