俺は自動車税の納税書を探していたはずなのにいつの間にか諭吉を握っていた。

何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をしていたのか分からなかった……頭がどうにかなりそうだった……ニワトリ脳とか記憶力の欠如だとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……。

というわけで、ジョジョより有名なセリフを借りて自分のちょっとした事件を表現してみました。
事の発端は朝、家計簿(というか小遣い帳というか)を見たときに、自動車税という文字を見てはっとしたことです。

「あれっ、自動車税払ったっけ……!?」

税金を納めたかどうかも忘れるとは蝉のくせしてとんだ鳥頭です。
が、こうなってくるとちょっと焦ってしまいます。なにせ自動車税の納付期限は五月末。既に丸々一か月を過ぎてます。
慌ててあちこち自動車税の納付をお知らせする封筒を探しますが、見つからず。
自室をあちこち見て回るも、それらしいものは見つからず。

見つかったのは、自室の床に落ちていた封筒の中に入っていた一万円だけでした。

…………いやもう、自分でも「なんで!?」ってなりましたけど。二重の意味で。
どうも自分は、色々計算する中で余ったお金を手ごろな封筒に入れておく習性があるようでして。
「いつか使おう」と思って置いておいて、そのまま忘れてしまうみたいなことがあるらしいです。
…………みなさん、お金は、大事にしましょう。

余談ですが、自動車税はどうやら払っていたらしいです……通帳見たら、五月の末ごろに自動車税とほぼ同額のお金が引き落とされていたので。あんなに朝焦ったのはなんだったんだ……。

……しかし、事件はまだ終わっていなかった。払っていたらしいのはひとまずよかったんですが、納税証明書が見当たらないのです。
…………納税証明書がないということは、次回の車検の時に大変な思いをするということで……。

…………忘れないうちに役場へいかなければ……!

ではでは、本日はこのあたりでー。
[PR]
# by akr-hgrs | 2017-07-03 20:51 | Comments(0)

土砂降り

七月突入です。

自分こと蝉の季節ですね。もっとも蝉が鳴きだすまでにはもうすこし日がいりそうですが。

今日雨凄かったですね……梅雨入りしてるわりにあんま雨降らないなーとか思ってたらこれですよ。移動途中に見た河も、普段見えてる中州が見えなくなっちゃうぐらい増水してましたし。
さすがに明日には少し落ち着くといいんですが……たしか明日も雨なんですよねぇ……じめぇ……。

気温的には結構ちょうどいいんですけどね。
急に一気に振り出すから窓も開けにくいしで、どうしたもんか……。
とかこの記事書いてる間にも雨がぁああ!!

……ま、思考がじめっとしてる自分なんかにはお似合いの季節かもしれませんね!
他に特に変わったこともないですし、中途半端に前向きになったところで、本日はこのあたりでー。

ではではー。
[PR]
# by akr-hgrs | 2017-07-01 22:24 | Comments(0)

一応小説家という職業上、なんとなく精神的に余裕のある時というのが少ない気がします。
特に現状、自分はなにか本の出版が決まってるわけでもないので、余計にと言う気もしますが。

そんな現状のせいか、実は酒を口にすることもあんまりないのです。親戚の集まりだとかのときは普通に飲むんですけど、家ではあんまり飲まない。下手したら月に一回飲むかどうかぐらいの頻度で。
しかも飲んでも缶チューハイ一本とか。ちなみに好きなのは「ほろよい」のアイスティーサワー。
ジュースじゃん、という声があちこちから聞こえてきそうです。

決して酒に弱いわけではないんですが(かといってザルとも言えませんが)、なんでしょうね。酒を飲んだらもう何も出来ないのがちょっと怖いのかもしれないですね。
物書きは思いついたら仕事に入れますけど、酒呑んじゃうとそんな集中もできなくなりますし。

あと友達とかとの飲み会など、騒がしい席ならともかく、家でぼーっと飲んでると、缶チューハイ一本でもすぐ眠くなっちゃうんですよね。ほんとに何も出来なくなる。
決して弱くはないんですが、我ながらもうちょっと酒に慣れておいたほうがいいのかなぁと思わないでもないのでした。

ではでは、本日はこのあたりでー。
[PR]
# by akr-hgrs | 2017-06-29 20:31 | Comments(0)

登場人物紹介はこちらから

今週も結構ギリギリ。やっぱり仕事のある日は少し遅くなりますねぇ。
ともあれ、21話目でござい。
なんだか虹華が主人公っぽい回です。不思議。自分でアレを主人公に据えといてなんですが不思議。あと不思議といえば、今回の話が意外なほどちょっと熱い展開になってしまったということでしょうか。伏線のつもりで書いた部分と、特に伏線にするつもりのなかった部分とがかけ合わさってちょっと面白い展開に。
こういう制御出来てない感じは自分の腕の未熟さが出てるなぁと思う反面、こういうことがあるから小説書くのはやめられないなぁとちょっと思ってしまいました。

では、以下Moreより本編開始。
お楽しみいただければ、幸いです。

More
[PR]
# by akr-hgrs | 2017-06-27 22:42 | Comments(0)

隆盛


先日、父がFF15を買ってきまして。
それを始める様子をぼーっと眺めてたんですけど、チュートリアルとかめっちゃ長いですね。
始まるまでに一時間とかかかりそうな勢いだったので、慣れるまでは大変なことになりそうです。

しかし父が四苦八苦しているのを見ていると、なんとなくアプリゲームが人気になる理由が見えた気がします。
スマホは基本持ち歩くものだからちょっとした時間の暇つぶしになるとかも大きな理由の一つではあると思うんですけど、大多数のアプリゲームって操作がシンプルだからじゃないかなと思ったり。タップするだけ引っ張るだけ、みたいな。

まあ、色々とやれることがある分、慣れてくると楽しいのは据え置き機の大作RPGとかなのかもしれませんが。実際面白い。ただ、面白くなるまでに若干時間が掛かる的な部分は確かにある。その「溜め」みたいな時間を許されるのが大作たる所以かもしれませんがね。

しかしまあ、振り返ってみれば、自分は大作RPGをどのぐらい遊べてたのかと疑問に思わないではないですが。テイルズだと闘技場の類はほぼやってない気がしますし、よく分からないシステムはあんまり使ってない。ポケモンでは出てくるのは捕まえますけど図鑑を全部埋めなきゃ気が済まない! ってタイプでもないですし。
そう考えると結構勿体ないことしてるのかなーとおもわないでもないですね。

ではでは、本日はこのあたりでー。
[PR]
# by akr-hgrs | 2017-06-24 21:29 | Comments(0)

物書きの蝉、もとい物書きの日暮晶が綴る、雑な日記のようなもの(予定)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31