眼と脳の限界

なんか地味に間が空いた気がしますが、言っても前の更新からまだ四日なんですね。
こんばんは、日暮晶です。

個人的に二週連続で二連休ってあんまりないのでちょっと不思議な気分です。
ただこの後(夜九時現在)車に乗る野暮用が控えているので酒が飲めないのが惜しい所。普段ならチューハイの一本にでも手を出すんですが。

趣味はどっちかって言うとゲーム寄りの自分ですが、最近少し改めないといけないかなーと思わなくもないです。
特に最近スマホアプリのゲームを弄ってることが多くて、気づいたら一日の大半をスマホ弄りながら過ごしてるという事態に。
最近だと白猫プロジェクト、黒猫のウィズ、ディアホライゾンなどなど。
スタミナ制のゲームはある程度スタミナを使い潰し、スタミナフリーのゲームをその内に片付ける。
デイリーミッションなどをさっさと片づけて余裕があれば、キャラ育成だったりタウン育成だったりの素材集め……あるいは突破しきれていないエリアの攻略。
概ねこんなことばっかりやってるのに加えて、さらに執筆時にはパソコンに向き合う。
……こんなことやってりゃ、目が休まる暇もなく、当然眼も頭も少なからず異常をきたしますよね。

今日は特に目はショボショボするわ頭は痛いわでいまいち捗りませんでした。
医者に見てもらうとかいうほどじゃないんですけど、なんかこうぐったり的な。
めぐりズムのアイマスクして眠ると少し良くなりましたが。あれすごい。

ちょっとは体動かす趣味を入れないといけないかなぁ、と思いつつも、きっとできないんだろうなぁとやる前からあきらめ気味な自分に呆れます。
ではでは、本日はこのあたりで。
[PR]
# by akr-hgrs | 2017-09-23 21:20 | Comments(0)

登場人物紹介はこちらから

連休明けでこんばんは、今週も勝手に更新キラーハウスのお時間です。
ときわさんピンチというか、ときわさんヒロイン回の中編。書いてみると意外と長くなってしまったこのお話。まさか三分割することになるとは……。
プロット会議から数えると、ぴたり四週。起承転結感あって好きです。
ただ今回はちょっと短めかもしれないですね。その分次回がちょっと長めになってたりします。
ときわさんがヒロインなら、そのピンチを救うヒーローはもちろん……。

さておき、最近行き帰りの道で彼岸花を見ることが結構多いです。毎年毎年この時期に咲くあの花を見て、かつてウチの母親なんかは「気持ち悪い」と言っていたので、いやいや、大体の花は決まった時期に咲くだろう……と当時は突っ込んだものですが、ほとんど全部の彼岸花が、同時期に咲いては枯れるというのは確かに、なかなかどうして不気味なものを感じますね。桜だってもうちょっとバラけますもんね。
あとどうでもいいけど自分の誕生花が彼岸花です。ちょっぴり不吉感あって嫌いじゃないです。

さて、では以下Moreより本編開始。
お楽しみいただければ幸いです。

More
[PR]
# by akr-hgrs | 2017-09-19 18:18 | Comments(0)

九月半

なんか響きいいですね、九月半って。
そんなどうでもいい前置きから入りましたが、もう九月も半分過ぎちゃいましたね。
三連休も目前に、特に予定とかは入ってないんですが。
まぁ旅行へ行くにせよ、この連休は台風のおかげでどこもえらい目に遭いそうですが。
遠出される方々はお気をつけて。

じわっと空に雲が広がりだしてるのも台風の影響なんですかね……。
明日からもう大変そうだなぁ。

……書けることが少なすぎてどうしよう。音楽か。音楽について話しますか。
最近アジカンの「Re:Re:」に再び嵌っちゃって車の中でヘビロテしてます。リズムが心地よくて何度聞いても飽きない。すごい。
あとは白猫でコラボってたミクの「アイタイナシーカー」を最近よく聞いてます。短めですけどサビの部分とかほんとテンション上がるんですよね。
テンション上げて執筆もガリガリいきたいもんです。

ではでは、本日はこのあたりで。
[PR]
# by akr-hgrs | 2017-09-15 18:03 | Comments(0)

登場人物紹介はこちらから

今週もやってきました火曜日、キラーハウス狂騒曲の勝手に更新日です。
毎週毎週適当な書き方をしているせいか、危うくこの32話をすっとばして33話を更新しそうになったのは秘密です。
今週はときわさんピンチの回第一回目。隠していた夢が親バレしたときわさんの命運やいかに的なあれです。
クリエイター的な方面を目指すキャラには比較的ありがちな展開ですけど、実際のところこういう展開を経験したクリエイター……特に小説家・イラストレーターの方ってどのぐらいいるんですかね?
自分はないので、だから今回のはほとんど想像ですけど。自分もそうでしたが、大体の人が賞とるなり仕事が来るなりした段階で親に言う、いわゆる事後報告的なのが多い気がします。統計も何もないのであくまで気がする程度の話ですが。

それはそれとして、最近家族以外の人とほぼ話さないせいか、若干脳みそが腐り落ちてく感覚があります。ヤバいけど、日常的に話す仕事仲間とかもいないですしねぇ……これは何とかしないと早々にボケるパターンじゃねぇかと恐々としております。

では、以下Moreより本編開始。
お楽しみいただければ幸いです。

More
[PR]
# by akr-hgrs | 2017-09-12 20:58 | Comments(0)

言葉の意味

学生の頃は古典がイマイチ理解しがたかった日暮晶です。
言葉の響きは自分が知ってるものなのに、それの意味するものが全く違うものなので、なんなら英語とかよりもタチが悪いと思っていたフシがあります。
なんでこんなに意味がずれるのか……と本気で不思議に思っていたんですが、最近、「ああこれは仕方ねぇか」と思えることがありまして。

まあシンプルに、「ツンデレ」という言葉に関してですね。
今となっては「勘違いしないでよねっ!」的な、要するに素直じゃない系のヒロインなんかによく使われてますけど、そもそもツンデレって、「人前ではツン、二人きりだとデレる」みたいなあれじゃなかったっけ、と思ったりしまして。
で、軽く調べてみたんですけど、そもそもはとあるキャラクターの、ストーリーが進むにつれての主人公への好感度を表してた言葉が元だったらしいんですよね。これが「ツンツンデレデレ」ってやつらしいですが。
この真ん中を取って「ツンデレ」と呼びだしたのが始まりっぽいです。
デレすぎず、ツンすぎずみたいなギリギリのラインがツボだった的な?

同じようなので「壁ドン」もそうですかね。
あれだってそもそもアパートなんかで隣人がうるさい時にそっち側の壁を叩くなり殴るなりするのをそう呼んでたわけですし。
何がどうなって今の形に落ち着いたのか、その変遷は不明ですが。

ともあれ、ほんの十年やそこらでここまで意味合いがずれてくるんですから、古語が古語なのももう仕方ないかと今更ながらに思ったという話です。
言葉というのはつくづく不思議なものですね。
現代語が古語になるまで、果たして何年かかるかな……。

ではでは、本日はこのあたりで。
[PR]
# by akr-hgrs | 2017-09-09 21:59 | Comments(0)

物書きの蝉、もとい物書きの日暮晶が綴る、雑な日記のようなもの(予定)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31