キラーハウス狂騒曲 第39話 黒原虹華の尋問


登場人物紹介はこちらから

というわけで、少々遅い時間になりましたが、毎週火曜日キラーハウスの更新です。
39話。なんだかんだと勝手に続けてきた話ですが、今回ほど主人公とヒロインが密着する話もないんじゃないですかね。先週に続いて虹華が切りこみに切り込む話です。なんかタイトルがもう不穏ですが。夕は一体ナニを……おっと失礼、何をされるのか。

遅くなったほうに関して話すと、実は映画を一つ見てきたので遅くなったんです。決して忘れていたわけでは……ない……ですよ?
では一体自分は何を見てきたのか?

Fateです。
Heavens Feelです。

……ええ自分でも「今さら?」感ありますが、すっかり頭から抜けていましてね……危なかった……もう一日二回上映になるぐらいの際どいところでした。間に合いましたが。よかった。

長年愛されるシリーズの原点だけに、やっぱ面白いですね……劇場版故気合入ってるってのもあるでしょうけど、もう絵が綺麗だわぐりぐり動くわでドえらいことに。
ランサーが走ってるシーンでちょっと笑いそうになってしまったのは内緒です。

あと原作ゲームの類に触れておらず、予備知識がアニメ版、最初のとUBWだけという関係上、この劇場版の展開には驚かされっぱなしでしたね……あいつとかあいつとか、今まで全然出てこなかった存在が突然現れたので。なんにせよ次が楽しみです。桜かわいい。

さて、では以下Moreより本編開始。
お楽しみいただければ幸いです。









 ――変に探らない方がいいんじゃないの、とは、親友たる霧の弁だ。
「小野木くんなりに何かあってのことなのかもしれないし、今だってちょっと避けられてるぐらいで疎遠ってわけじゃないじゃん。下手に理由を掘り起こして、亀裂が致命傷になったらって思ったら、怖くない?」
 幼馴染であるヘッドに恋をして、幼馴染であるがゆえにそこから先へ足を踏み出しあぐねている霧らしい意見だとは思う。
 距離の近い相手に長く片思いをする人間にありがちなものだろう。現状が心地よくて、告白でもしてその現状を壊してしまうのが怖いというあれだ。
 けどまぁ、私に対してその意見は的外れであると霧には言わざるを得ない。
 なぜなら私は、現状が心地いいだなんて思ってない。
 微妙な距離感で、微妙な空気を漂わせ続けている、微妙な温度のこの空気を、適度だとは思わないし、心地いいだなんて思うものか。
 けむに巻かれたようにモヤモヤしたものを抱えているよりは、何もかもはっきりしていたほうがすっきりしていてよっぽど心地いい。
 だから、私は――
「ねえ、夕くん。最近私を避けてる理由、教えてよ」
 夕くんに逃げられないように手を掴んだまま、直球勝負を仕掛けた。
 見つめる彼の目がふるふると揺れる。
「べ……別に避けてなんて、いませんよ?」
「嘘おっしゃい」
 それも見抜けない程度の節穴だと思われているなら、私も随分と舐められたものである。夕くんは図星というのがとても分かりやすい可愛い少年だ。嘘を見破られたときは、叱られた子供の用に首がすくむ。
「大体、最近男らしいとか、夕くんから言われた記憶もないんだけど?」
「え、えっとそれに関しては、その……に、虹華さん、じょ、女性ですし……男らしいって言うのも、も、申し訳ないかと……」
「えぇ……」
 今更それを言うのか? という感情をありありと見せつけつつ、私は夕くんの気遣いのようなものを否定する。
「まぁ確かに、正直最初は微妙な気分だったけど」
「あうっ」
 ぐさりと何かが刺さったように胸を押さえる夕くんへ、私は続ける。
「でも、何度も言われてると、案外悪くない気分になってくるものよ? 今となっては、それは私と夕くんの……そうね、絆みたいなものだと思ってるから。変に気にして距離を取られるほうが、私は嫌かな」
 ――絆、ねぇ。言って私は内心自嘲する。普段ならば絶対に口にしないような単語で、おまけに他人が絆とか言い出したらなんて薄っぺらい言葉なのかしらと否定的なことばかり言っている私が、そんな言葉を真面目に口にすることになるとは思わなかった。
 しかしまぁ、残念ながらこれは本心だ。
「……す、すいません」
「……勘違いしないでほしいんだけど、別に避けられてることを怒ってるわけじゃないの。ただ、理由を知りたいだけ。私が何かしちゃったのか、とかね」
「い、いえ、そういうことではないんですけど……」
「はい、私を避けてたことを認めたわね」
「あっ」
 目を見開き、今更口を手で覆う夕くんが可愛くって仕方ないが、ここで表情を緩めては締まらないので我慢する。
「はい、続けて? 私が何かしたわけじゃないけど、なんて?」
「えとっ……えぇっと……」
 追い詰められて動揺しているのか、掴む手から伝わる体温がどんどん高くなっている気がする。実際目もせわしなく、あっちへこっちへと視線を飛ばして定まらない。
 やがて夕くんは俯き、絞り出すように呟く。
「あ、あの……言わなきゃだめですか……?」
「そこは男らしくバシッと言ってくれないと」
「……わ、分かりました」
 据わった目で私を見返してくる夕くんに、おっ、と私が思ったのも束の間、ばっと私の手を振りほどいて、彼は猛然と立ち上がる!

「こっ、ここは男らしく、全力で逃げを打たせていただきます!」

「あっ、きったねぇ!」
 玄関へ向かって部屋を抜けた夕くんを、私もすぐに床を蹴って追いかける。隣接してるアパートの皆さんごめんなさいね!
 ――突然逃げを打たれるとは思わなかったけど、しかしこれは想定内!
 玄関には、既に私の息がかかっているのよ!
「あっ、あれっ!? なんで開かないの……っ!?」
 案の定、ドアから出ていこうとしていた夕くんは、開かないドアに混乱していた。
「ってしまった、鍵が!?」
そして単純に鍵がかかっているだけだということにようやく気付いて手を伸ばすが、時すでに遅し。私はその手をバシッと掴んで、同時にもう片方の手も掴んだ。
「ふ、ふふふふふ! 私を甘く見たわね夕くん! こうなる事態を想定してなかったとでも思うの!?」
「う、ぐぐっ……! は、話してくださいぃ……!」
「ふ、ふ、ふ、あ、暴れても、無駄だからね……っ! さっきの答えを聞くまでは、離してなんて、あげないんだから……っ!」
 と、私は強がっているが。
 言葉とは裏腹に、このままでは少しまずいかと思い直す――意外と、足掻く夕くんの力が強いのだ。やはり外見女の子みたいでも、十六歳の男の子ということか……いや、単に私の腕力が、見るからに力のなさそうな夕くん以下というだけかもしれないのだけれど。
 ならば、手段は選ばないよ!
「で……やぁっ!」
「わっ、ちょ――虹華さん!?」
 一度、夕くんの両腕を掴む力を緩めて、夕くんの体勢を崩して――そのまま床に押し倒した。そのまま細い夕くんのお腹に腰を下ろしてマウントを取り、上から両腕を押さえつけて身動きを封じる。要するに、私は夕くんを押し倒したのである。
 傍から見れば完全に事案だが、知ったことか。傍から見てる奴なんていないし。
「に、に、に、虹華さん!?」
 顔を赤くした夕くんが悲鳴を上げる。普段慣れない勢いで体を動かしたため、私の息もかなり切れているが、夕くんを押さえつける分には何の支障もない。
「はぁー……はぁー……これで、逃げられないでしょ……さぁ、答えを聞かせてもらおうかしら!?」
「執念すごすぎませんか!?」
「そりゃそうでしょ」
 叫ぶ夕くんの耳元に口を寄せて、私は囁いた。
「このままなんて、私、嫌だからさ」
「……っ」
 耳がくすぐったかったのか、身をよじる夕くん。押し倒されたのが相当こたえているのか、顔がトマトのように真っ赤っかだった。
「……教えて、くれる? 夕くんが私を避けてた理由」
「〰〰〰〰っ、……言わなきゃ、だ、だめですか……?」
「だめ」
 私の即答に、夕くんの目がじわりと潤む。
「……お、怒りませんか?」
「さっきも言った通りよ。理由が知りたいだけだし、別にそれがどんな理由でも怒りやしないって」
「ほ、本当ですよね……?」
「男らしくないこと言ってないの。これ以上うだうだ言うなら唇も童貞も奪うわよ夕くん」
「虹華さんが男らしすぎる!」
 じぃっと、瑞々しい果実のようなきれいな瞳を見つめる。やがて夕くんも私をしっかりと見つめ返し、短いような、長いような、奇妙な感覚に陥る沈黙が流れ。
「――実は」
 そしてその沈黙は、緩やかに破られた。

「――実は、あのアルバムに写った虹華さんが可愛く見えてしまって……!」

 ……………………。
 あまりにも意外な夕くんの理由に、私は思わず。
「……あぁん!?」
「おっ、怒らないって言ったじゃないですかぁ!」
 怒鳴ってしまった私へ、裏切者とでも言いたげな調子で、夕くんが今日何度目かの悲鳴を上げた。
                       (続く)
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by akr-hgrs | 2017-11-07 22:32 | Comments(0)

物書きの蝉、もとい物書きの日暮晶が綴る、雑な日記のようなもの(予定)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30